野外フェス

フェスで汗だくになっても、塗り直す必要なし!


飲むだけで日焼け対策OKなので、

超ラクちん。



今なら限定980円で使えて

返金保証もあり。



↓詳細はこちら↓


サングラス着用

【野外フェス】キャンプで必要な持ち物は?

野外フェス

野外フェスでは1泊以上になると
テントを張ってキャンプをすることになりますが、
ここでは必要な持ち物についてまとめていきますね。

 

特に女子となれば
必要な物を忘れてしまうと、せっかくの野外フェスが苦い思い出に…
となってしまう危険性も高まってしまいます。

 

野外フェスを100%楽しむためにも
事前準備は忘れないようにしておきましょう。

 

 

【必ず必要な持ち物】

 

・チケット

 

・健康保険証

 

・懐中電灯

 

・スマホ充電器(モバイルバッテリー)

 

チケットを忘れることはほとんどの人がないと思いますが、
健康保険証は体調不良で病院に搬送された時のためですね。

 

今まで野外フェスに参加したことがある人であれば
経験をしたことがあると思いますが、
かなり多くの人が会場に集まりますし、演奏中にはもみくちゃに
なってしまいます。

 

この時にケガをしてしまう危険性だったり
気分が悪くなることもあるので
健康保険証は必ず持ち歩きましょう。

 

懐中電灯は夜間の移動のためですね。

 

そしてぜひ注意したいのが、スマホ充電器です。

 

もちろん野外フェスでは通常の充電器を
使う場所は基本的にはないと考えておいてください。

 

この時に便利に使えるのが、モバイルバッテリーです。

 

色々なメーカーから発売されていますが、
個人的におすすめなのがバッファロー製(日本メーカーです)の
BSMPB04BKというモバイルバッテリーです。

 

iphoneで使えるモバイルバッテリーですが、
スマホを3回急速で充電できますし、
価格も1000円ほどなので、コスパはかなり高め。

 

もしAndroidであれば、Anker PowerCore 10000というモバイルバッテリーが
おすすめです。
こちらの値段は2000円ほど。

 

 

 

【必要なキャンプ用品】

 

・テント

 

・寝袋

 

・ランタン

 

・毛布

 

・折りたたみの椅子

 

・台車

 

こちらはキャンプをする場合に必要な
最低限の持ち物一式になります。

 

どういったテント用品が良いのか?寝袋の選び方は?など
詳しくは個別の記事でご紹介していますので
参考にしてみてくださいね。

 

1つ注意したいのが、寝袋だけでなく念のために
毛布も持っていくべきという点。

 

もし夏フェスであったとしても夜間、かなり冷えることは
珍しくありません。

 

野外フェスでは汗が原因で冷えになることもありますので
毛布は必ず持っていきましょう。

 

また、車で現地に行く場合も、交通機関やシャトルバスを利用する場合でも
降りてからテントを張る場所まで距離があることの方が多いので
台車は必ず持っていくようにしましょう。

 

一工夫として、他の人とテントを見分けるために
テント飾りのバンダナなどを用意しておくと良いですね。

 

 

 

 

野外フェスでキャンプをする場合に
最低限必要な持ち物については以上となります。

 

あると便利なもの、
またアイテムの選び方などについては
個別記事で詳しく説明していますので
参考にしてみてくださいね。