野外フェス 暑さ対策

フェスで汗だくになっても、塗り直す必要なし!


飲むだけで日焼け対策OKなので、

超ラクちん。



今なら限定980円で使えて

返金保証もあり。



↓詳細はこちら↓


サングラス着用

暑さ対策に効果的なグッズまとめ

野外フェス 暑さ対策

野外フェスでは屋外ということで
太陽の光に加えて気温が上昇しやすいということもあるので
暑さ対策は必ず必要になってきます。

 

この記事では
暑さ対策に効果的な持ち物をまとめていきますが、
ぜひ忘れないで頂きたいのが

 

・帽子をかぶること

 

・水分補給

 

この2つが基本になるということ。

 

 

太陽の光が頭に当たるのを防ぎながら
水分補給をしっかりと行うことで
熱中症になることを防ぐことができます。

 

まず一番最初の暑さ対策は水分補給と
帽子をかぶることということは忘れないでいてくださいね。

 

そのうえで、効果的な暑さ対策グッズについて
まとめますね。

 

 

【クールネック】
野外フェスだけでなく、キャンプや海などでも
使う人が多いので、もしかしたらあなたもご存じかも
しれないですね。

 

一見、普通のタオルに見えるのですが
保冷剤を収納するポケットが内側についているのが
特徴です。

 

保冷剤を首に当てることで、
頭へと続く血管が冷やされるので暑さ対策だけでなく
熱中症を防ぐこともできるんです。

 

保冷剤が溶けてきたら普通のタオルとして
使えますので、他の暑さ対策グッズに比べても持ち物として
場所をとらないのが良いですね。

 

 

 

【ウェットティッシュ・シート】
これはかなり意外かもしれないですが、暑さ対策としては
効果的です。

 

暑さ対策で一番怖いのが、暑さのせいで体力が
気付かないうちに奪われていくこと。

 

それに拍車をかけるのが、実はかわいた汗なんです。

 

汗がかわくと塩が体に残ることはあなたもご存じかと思いますが、
塩が体の表面に残っていると
体は更に水分を外に出そうとしてどんどん汗を
かきつづけてしまいます。(浸透圧のお話ですね)

 

この悪循環を防ぐためにも効果的なのが
ウエットティッシュ。手軽に汗を拭けるのでおすすめです。

 

 

 

【うちわ・せんす】
定番中の定番ですが、かなり重宝します。
もし持って行くのを忘れてしまったら、かなり悲惨なことに…。

 

会場では毎年、うちわを持って行くのを忘れて
パンフレットで仰いでいるお客さんを頻繁に見かけます。

 

 

 

以上、3つではありましたが
野外フェスで使える暑さ対策グッズを
まとめてきました。

 

暑さ対策とは言っても、それ以上に注意したいのが
熱中症対策です。

 

会場では人がとても多いので、そんな場所で熱中症になってしまうと
命の危険性まであります。

 

しっかりフェスを楽しんで帰るためにも
暑さ対策は一番に考えてくださいね。

 

>>野外フェスで後悔しない日焼け対策とは?

 

 

 

暑さ対策に効果的なグッズまとめ関連ページ

雨対策で忘れてはいけないこととは?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
化粧崩れを防ぐためのノウハウまとめ
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
生理対策、どうすれば安全?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
野外フェスで後悔しない日焼け対策とは?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
野外フェスでのむくみ対策について
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
どんな服装で挑めば良い?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
クロークがない場合の荷物管理はどうする?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは