野外フェス クロークがない場合

フェスで汗だくになっても、塗り直す必要なし!


飲むだけで日焼け対策OKなので、

超ラクちん。



今なら限定980円で使えて

返金保証もあり。



↓詳細はこちら↓


サングラス着用

クロークがない場合の荷物管理はどうする?

野外フェス クロークがない場合

野外フェスでクロークなしの場合、
テントを張って宿泊するのであれば
荷物管理はそれほど心配はありません。
(ただ、施錠するなどの防犯対策は必要です)

 

 

ただし、日帰りの参加でテントを張らない場合には
荷物管理はしっかりと注意する必要があります。

 

財布やスマホなど貴重品は
ウエストポーチ・ボディバッグなどに入れて持ち歩くのが
基本ですが、
それ以外の荷物は基本、放置することになります。

 

シートの上に置いておくのですが、
この時に注意すべきことが1つあります。

 

 

それは、荷物にゴミ袋をかけておくということ。

 

これをやっておかないと悲惨な目に
あう危険性が高まってしまいます。

 

 

というのも、
野外でのイベントなのでどうしても
雨がいつ振るかわかりません。

 

また、雨が降らない場合でも時間帯によっては
霜が降りてくるので
気付かないうちに荷物がベショベショに…ということは
必ずありえるんです。

 

また、周りの人の飲み物がかかってしまうということも
可能性としては多いにありえるので
注意が必要です。

 

 

 

貴重品を除いて
着替えなどを入れたバッグをそのまま放置するわけですが、
やっぱり盗まれてしまう危険性は
ゼロではありません。

 

フェス参加となるとファッションにも気合いが
入りがちですが、
盗まれる危険性を考えて、持って行く着替えの服は
あまり高価なものは選ばないほうが良いかもしれないですね。

 

クロークがない場合の荷物管理はどうする?関連ページ

暑さ対策に効果的なグッズまとめ
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
雨対策で忘れてはいけないこととは?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
化粧崩れを防ぐためのノウハウまとめ
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
生理対策、どうすれば安全?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
野外フェスで後悔しない日焼け対策とは?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
野外フェスでのむくみ対策について
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは
どんな服装で挑めば良い?
野外フェスで女子が安心して楽しむための情報まとめ 知らないと後悔する野外フェス攻略ノウハウとは